} How we value art – Responses during Covid Crisis 登壇 2020.09 | art for all

art for all

How we value art – Responses during Covid Crisis 登壇 2020.09

参加イベント

2020.9.30

パンデミックの影響は、社会のあらゆるセクション、そして私たちの生活のあらゆる側面を揺るがし、まさに広範囲に及んでいます。オフィスや宗教施設が閉鎖され、ギャラリー、劇場、音楽堂も閉鎖されましたが、最近になってようやく再開されつつあります。経済不況を考えると、文化施設やアーティストへのコミッションの予算は深刻な危機に瀕しています。美術館の職員や芸術関係の講師が解雇され、展覧会やレジデンスが延期されるなど、苦難の予測が急速に現実味を帯びてきている。

英国では、アーティストや芸術団体、保存修復師や技術者などの専門家に対して、融資や刺激策の形で政府資金が提供されましたが、取り返しのつかない被害を防ぐには、資金援助の時期が遅すぎたという批判があります。これに対し、イギリスのアーティスト・ユニオンは、政府に対して重要な支援を行うよう請願を開始し、アーティストを支援するための小額の助成金も用意した。一方、日本では、政府による緊急支援はほとんど行われていません。このため、日本でユニオンを設立し、この困難な時期にアーティストのためのより多くの支援を求めるキャンペーンを行う必要性が浮き彫りになっています。

本講演では、英国におけるアーティスト・アソシエーションとアーティスト・ユニオンの現状と、art for allによる日本における同様の組織結成に向けた進捗状況について議論しました。

YOU MIGHT ALSO BE INTERESTED IN ...