} 実践講座アーティストの「生活と移動」2021/3/10 | art for all

art for all

実践講座アーティストの「生活と移動」2021/3/10

Text by kubota

レクチャー イベント

2021.3.10

アーティストはさまざまな事情、動機によって活動拠点を選んできました。いまコロナ禍において移動が制限されている中、留学やレジデンスが延期/中止になってしまうケースが、とくに若い世代に多く発生しています。生活する場所が家族との関係や活動のスタイル、考え方、アウトプットに及ぼす影響は少なくありません。拠点選びや移動することについてあらためて考え、経験や知恵を共有できたらと思います。


北アイルランドを拠点に多くのレジデンスを経験されている増山士郎さん、展示をきっかけに直島に移住された下道基行さん、ニューヨークのACCで活動された斯波雅子さん、香港に移住されたキュレーターの高橋瑞木さん、コロナ禍により海外渡航計画を変更せざるを得なくなり、沖縄に移住されたうしおさん、コロナ後にロンドンから帰国された藤瀬朱里(あかり)さん、山田沙奈恵さんに登壇いただきました。

イベントの後半では各ゲストごとにブレイクアウトルームに分かれ、参加者と情報交換をする場を設けました。アーティストの移動とひと口に言っても、海外への留学やレジデンスだけでなく、国内の移動、さらにはパートナー、子供を伴う移動など、そのあり方は多種多様です。移動を重ねながら作品を深めていくという制作形態そのものがコロナ禍によって問い直されている現在、今後の展望を探るひとつの機会になりました。

<ゲスト>
うしお(アーティスト)
下道基行(アーティスト)
斯波雅子(カルチュラル・マネージメント)
高橋瑞木(キュレーター)
藤瀬朱里(アーティスト)
増山士郎(アーティスト)
山田 沙奈恵(アーティスト)

<モデレーター>
村上華子(アーティスト)
大小島 真木(アーティスト)
川久保ジョイ(アーティスト)
津田道子(アーティスト)

日時:2021年3月10日(水)日本時間20:00〜22:30
場所:オンライン、Zoomミーティング
参加費:無料 定員:500人(先着順)

YOU MIGHT ALSO BE INTERESTED IN ...