} 3 ゲスト笠原恵実子さん【彫刻の可能性 /表現者にとっての労災とは】 | art for all

art for all

3 ゲスト笠原恵実子さん【彫刻の可能性 /表現者にとっての労災とは】

Text by kubota

afa radio

2021.5.21

前半「教育とは・彫刻とは何か」

大学で彫刻を選択した経緯や、日本からアメリカに渡り活動をした中で感じた日本とアメリカの環境の違い ー制作する上でベーシックな文脈を作るため必要なものが日本の美術教育ではやや不足しがちで、技術を重視する日本の美術教育ー から見えてくる課題について伺いました

後半「なぜ表現者に労災が必要なのか」

フリーランスで仕事をしている以上、危険から守ってもらえる制度がなかった。作家は制作中に怪我を負った場合でも、労働中にもかかわらず労働としては捉えられず趣味の延長の扱いとなり、制度として守られる事が今まではなかった。社会の中でうまく機能してこなかった状況を翻って考え直して見ることが必要ではないかと考えていること、その中でアーティストにとって労災がどのように必要かお話しいただきました。

パーソナリティー : 生川珠央 / Tamao Narukawa( アーティスト)

ゲストプロフィール

笠原恵実子(Emiko Kasahara)|  アーティスト
アメリカで19年間滞在後、現在多摩美術大学美術学部彫刻学科教授
ゲストWEBSITE
https://www.emikokasahara.com/

<更新情報のおしらせ>
更新情報はart for all ツイッターでお知らせします。
https://twitter.com/artforall_jp

YOU MIGHT ALSO BE INTERESTED IN ...