} AITトーク 2021.03 | art for all

art for all

AITトーク 2021.03

Text by kubota

参加イベント

2021.3.22

 「移動」をテーマに、art for all から村上華子さん、白川昌生さん、札幌の天神山アートスタジオから小田井真美さん、東北のKESSEN AIR からは日沼禎子さん、京都芸術センターの勝治真美さん、そしてオブザーバーにAIRリサーチャーの菅野幸子さんとICA京都の石井潤一郎さんを迎え、ズームで話し合いました。

 まずは村上さんから10年前に日本を出てフランスへ移住し、作家活動をしているので、その経験からの話をしてもらいアーチストにとって最適な場所とは、移動して生活をして行くその場所で出会った人、また出来事が作品へうまく繋がって行く場所がそうだろうという話が出た。札幌の小田井さんからは、家族同伴の滞在、それなりの長期の期間、また作品制作がそこで必須のものとして求められるのか、などなど滞在条件により柔軟な設定がなされる、、そういうことが求められる時期にきているという話が出た。また震災後に陸前高田にできたKESES AIRの日沼さんは、アート活動と生活を切り離すのではない、むしろ生活がともに行われるような場所であることが、レジデンスの条件に求められてきているという話をされた。群馬にいる白川さんは、かつて標高1200mの草津温泉のある山奥で軽々した出来事を話した。草津の山奥の小さな山村の人が、ドイツのツッオフェライン炭鉱にまで出稼ぎに行ってたこと、地域が世界とつながる回路を持っていることなど、場所の人の歴史を掘り起こすと「移動」の大きな流れも見えてくることなどが話された。

 レジデンスに家族ぐるみで滞在できる可能性、また人によってはペットも同伴でくるので、そうしたことの可能性、、レジデンスが、単に滞在して作品を作る場所ではなく、そこでまた違った環境での生活をしてもらうこと、それが作品になるかもしれないし、そうでないかも、、「移動」して滞在すること、そこで制作することとはなんだろうかという根本的なことがその後色々話し合われました。

https://www.a-i-t.net/blog/p5801/

YOU MIGHT ALSO BE INTERESTED IN ...